学術専門の電子書籍サービス KaLib

KaLib会員登録
パスワードを忘れた方はこちら

ログイン(登録済みの方)

ID:
パスワード:

KaLibリーダーについて

KaLibリーダーとは

iPad用

KaLibリーダー(App Store)
iPad用KaLibリーダー

iPhone用

KaLibリーダー(App Store)
iPhone用KaLibリーダー

Android用

KaLibリーダー(Google play)
Android用KaLibリーダー

Windows用

KaLibリーダー
Windows用KaLibリーダー

Mac用

KaLibリーダー
Mac用KaLibリーダー

SSLとは?

詳細

ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版

単行本 EPUB
ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版

会員限定
発行:公益社団法人 日本産科婦人科学会
著者:日本産科婦人科学会、日本女性医学学会
ISSN(プリント): ISSN(オンライン):
ISBN:
ファイルサイズ:8.81MB
概要:

目次

◆表紙

◆大扉

◆ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版発刊にあたって

◆「ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版」の発刊にあたって

◆ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版発刊にあたって

◆「HRTガイドライン2017年度版改訂のための委員会」委員名(50音順)

◆目次

◆1.はじめに 本ガイドラインの目的

◆2.本ガイドラインの作成手順と利用上の注意点

◆3.ホルモン補充療法の特色と施行上の一般的注意点

◆総論編

◆1) 更年期障害

◆2) 運動器系

◆3) 脂質代謝

◆4) 糖代謝

◆5) 循環器系-①血管

◆5) 循環器系-②血圧

◆6) 中枢神経系-①認知機能

◆6) 中枢神経系-②気分障害

◆7) 皮膚

◆8) 泌尿器系

◆9) 生殖器系

◆10)悪性腫瘍(悪性新生物)

◆11)歯科口腔系

◆1) 不正性器出血

◆2) 乳房痛

◆3) 片頭痛

◆4) 乳癌

◆5) 動脈硬化・冠動脈疾患-①動脈硬化に及ぼす経口HRTの影響

◆5) 動脈硬化・冠動脈疾患-②冠動脈疾患に及ぼす経口HRTの影響

◆6) 脳卒中

◆7) 静脈血栓塞栓症

◆8) 子宮内膜癌

◆9) 卵巣癌

◆10)その他の腫瘍・類腫瘍

◆1) HRTの禁忌症例と慎重投与症例

◆2) 薬剤の種類と特徴

◆3) 薬剤の投与法・投与量

◆4) 薬物の相互作用

◆5) HRT前・中・後の管理法は?

◆6) 適応と管理のアルゴリズム

◆Clinical Question(CQ)編

◆CQ101 関節痛にHRTは有効か?

◆CQ102 不眠に対しHRTは有効か?

◆CQ103 腰痛に対しHRTは有効か?

◆CQ104 骨盤臓器脱に対しHRTは有効か?

◆CQ105 舌痛症に対しHRTは有効か?

◆CQ106 HRTは性機能障害を改善させるか?

◆CQ107 冠攣縮および微小血管狭心症に対しHRTは有効か?

◆CQ108 骨盤臓器脱(POP)の手術療法において, 周術期のエストロゲン投与は推奨されるか?

◆CQ109 過活動膀胱(OAB)に対しHRTは有効か?

◆CQ201 喫煙者にHRTは可能か?

◆CQ202 肥満者にHRTは可能か?

◆CQ203 子宮内膜症の既往を有する女性にHRTは可能か?

◆CQ204 高血圧を有する女性にHRTは可能か?

◆CQ205 糖尿病を有する女性にHRTは可能か?

◆CQ206 早発卵巣不全(POI)に対するHRTは推奨されるか?

◆CQ207 子宮頸癌治療後のHRTは推奨されるか?

◆CQ208 子宮内膜癌治療後のHRTは推奨されるか?

◆CQ209 卵巣癌治療後のHRTは推奨されるか?

◆CQ210 BRCA1/2遺伝子変異陽性女性に対するHRTは可能か?

◆CQ211 エストロゲン欠落症状がない女性にHRTは推奨されるか?

◆CQ301 子宮を有する女性に対して経口エストリオール製剤の単独使用は可能か?

◆CQ302 レボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUS)は HRTに用いる黄体ホルモン製剤として使用可能か?

◆CQ303 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)製剤は HRTにおける子宮内膜保護目的として使用可能か?

◆CQ401 心血管系の有害事象を減らすためにHRTの開始時期を考慮すべきか?

◆CQ402 60歳以上の女性に対し新規にHRTは可能か?

◆CQ403 HRTはいつまで投与可能か?

◆CQ404 HRT終了時に漸減法は推奨されるか?

◆CQ405 周術期にHRTは中止すべきか?

◆CQ501 HRT施行中に不正出血が起こった場合の対応は?

◆CQ502 プラセンタ療法は更年期障害に対するHRTの代用となるか?

◆付記

◆更年期障害とHRTにおける保険診療上の留意点

◆HRT問診票

◆奥付